ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回も、私が外資コンサル転職する際、実際に試した

 ”勉強法

をご紹介します。

=======================

勉強をしないことには、あなたの能力を高めることは
できません。
勉強は、それほど重要なものです。

しかし、実際は日々の業務や、家庭での作業に
終われ、なかなか時間もとれないものです。
そして、いざ始めたとしても、すぐに挫折してしまいます。。。

私もそんな悩みがありました。


そこで、そんな私でも長続きした方法が、今回の
勉強法です。

それは、

 「耳から学ぶ」

方法です。

私は、この方法を神田昌典さんの本
「非常識な成功法則」で知りました。


それ以来、この方法で片っ端から
色んな知識を吸収しています。

この方法は、なんと言っても

 超カンタン!

なので、メンドくさがりなあなたでも、
きっと続けられるでしょう。


では、実際の方法はといえば、

 1) 学びたい分野の音声を購入する。

 2) 携帯オーディオプレイヤーに音声を入れる

 3) 通勤時間、家事の合間、寝る前 に聴く

たったこれだけです!
カンタンですよね??


では、どうやって音声を手に入れるか?

 1: 本についてくる付録CDを聴く
   (フォレスト出版系は、結構ついています)
 
 2: オーディオブック(音声形式の本)を購入する
   (FeBeが有名)  http://www.febe.jp/
 
 3:神田昌典さん、中谷彰宏さん、船井幸雄さんといった
   著名な方々は、音声セミナーを販売されています。
   神田昌典さん http://www.kandamasanori.com/audio-s-m.html
   中谷彰宏さん http://www.selfstudy.biz/nakatani/index.html
  船井幸雄さん  http://www.funaimedia.com/just/campaign.cfm

   またラーニングソリューションズ社などは、著名な方との
   対談音声を販売していますので、こういうところを利用すると良いでしょう。





   安く上げるには、斎藤一人さんの音声なら、オークションなどで
   100話以上あっても格安で販売されています。
   このようにして手に入れましょう。

   個人的には、オークションで斎藤一人さんのCDを購入し
   片っ端から聴きまくりました。

   その後、神田昌典さんの音声セミナーの定期購読をしました。

   ある程度経つと、収入も増えたので、情報教材を買いまくり
   常に耳から情報を吸収しています。


ぜひ試してみてください!
オススメです!!!
   
   

FC2 Management

テーマ:スキルアップ - ジャンル:就職・お仕事


ここでは、

 『人間学(ココロ、スピリチュアル精神世界徳育)』

の重要性を述べていきます。


ちょっと『人間学』っていうと、難しそうに思えますが、
私はこれが一番重要で、かつコンサル転職して
重要だと痛感しました。

というのも、コンサルタントというのは、お客様の業務上の
重要機密を扱いますので、まずは”信頼”をして頂かなくては
いけません。

その際、人間学徳育)を学ぶことで、

 ・相手の気持ちを尊重できる
 ・自分が好きになる

といった内面(心)を鍛え、信頼してもらいやすい人格を
つくります。


私がこの人間学の重要性を知ったきっかけを
作ってくれた人が

スリムドカンを販売している『銀座まるかん』の社長で
長者番付の常連である

 『斎藤一人(さいとうひとり)』さん

です。

    


この人は、健康食品や化粧品を販売している会社の
社長さんなのですが、お客さんや社員の方など

 人の心を掴む

のが非常にうまい方です。

そして、うまいが故に、

 ・お客様は、(商品の良さも手伝い)リピート購入する
 ・社員の方も、社長に貢献しようとする

と思います。

で、なぜうまいのかというと、この人は

 『人間学(徳)』

をマスターしているからだと私は思います。


今、テレビや新聞を見ても、人の心が病んでいるが故に
色んな悲しいニュースで溢れています。

身近な話だと、

 ・電車の中で目の前に席に座った方が良いお年寄りや
  妊婦さんがいても知らんふりをする人
 ・タバコやゴミを平気で道に捨てる人

また

 ・イジメ
 ・暴力

なんかも結局、

 人(相手)を思いやる気持ちが欠けている

からだと思います。


では、なぜ人の気持ちが満たされていないかと言うと

 自分が満たされていない
 (現状の自分に不満がある)

からだと思います。


これらを解消するのに、上述の斎藤一人さんの本や
「ツキを呼ぶトイレ掃除」で有名な”小林正観さんの本を
読むと、比較的すっと入ってくると思います。

    


さらに斎藤一人さんの本の場合、CDがついており
斎藤一人さんの肉声での講演が納められてます。

これをiPodなど携帯オーディオで聴くと良いでしょう。

そして興味が沸けば、オークションで講演集が入った
CD/DVDが売っているので、買って聴くと良いと思います。
(音声セミナーを聴くのは、超オススメです!)


更にこれだけで飽き足らなければ、本流である

 ・孔子 『論語』

など儒学を学ぶと良いでしょう。

    

ぜひ試してみてください!!


今回は、私が普段やっている読書法(速読)を紹介します。

===================
【方法】

 1) 表紙、背表紙、裏表紙、帯を読む

 2) 目次を読む

 3) 巻末のあとがきを読む



上記1?3で、おおまかに本の概要を掴みます
その後、

 『この本で何の情報を得たいのか?』

を決めます。



 4) 時間があれば、最初のページから読んでいきます。
  時間がなければ、自分が得たい情報が書いているであろう
  章から読んでいきます。

 5) 文章を読んでいきます。

   時間短縮のため『速読』をしたい場合は、以下を試してください。

    1: 縦書きの場合、右→左に”指”を一直線にゆっくり
      這わせて読む。
      その際、文章の1文の先頭や文末は”読み飛ばす”
    2: 上記1)?3)で気になったキーワードに引っかかった
      段落のみ普通に読む
      

 6) 気になる文章が書いているページに
  ”折り目”をつけます。



そして5?6を繰り返します。



 7) 最後まで読み終わる、もしくは
  読みたい章を読み終わったなら
  ”折り目”をつけたページだけをめくります。

 8) マーカー蛍光ペン)で先程気になった文章に
  マーカーをします。



そして7?8を繰り返します。



 9) もし時間に余裕があれば、マーキングしたページの
  内容をノートや紙に書き写します。

  私の場合、神田昌典さんが推奨する『マインドマップ』を
  利用し、まとめています。

  マインドマップは、後から見直してもすごく思い出しやすいので
  非常にオススメです。

    



【補足】
・私は、極力1冊の本を”1?2日”で読むようにし、多読しています。

・仕事関連で、何か特定の知識を得たい時は、
 類似している本を複数冊購入し、上記の方法で読み進めます。
 そうすることにより、相乗効果で知識が入ります。

速読をするのも良いと思います。
 私は『フォトリーディング』を学んでいる最中ですが、
 まだマスターしていないので、上記の読み方をしています。

  ※以下に『フォトリーディング』のやり方を書いたブログをアップしてますので、
   良かったら参考にしてください。
   http://johorepo.blog101.fc2.com/blog-entry-26.html

    



今回も、私が外資系に転職する際、実際に勉強した

 ”英語学習方法”

をご紹介します。

=======================
【方法】

◆覚えるべき内容

 まずは基礎学力をつけるのに、以下を試しましょう。

 ?基本構文を覚える

  例えば、以下のようにベースとなる70の構文を
  覚えてしまい、英語のパターンを叩き込みましょう。

  その際、右下の『キクブン?』のように
  ”音声CD”が付いた構文集もオススメです。

  


 ?基本英会話文を覚える

  これも上記?と同じように、ごくごく一般的な会話文は
  丸暗記しましょう。

  その際、難しいやつを選ぶと長続きしないので
  簡単そうなものを選んだ方が良いでしょう。

  


 ?語源(接頭語・接尾語)を覚え、類推できるようにする

  これらを覚えることにより、見たこともない単語を見ても
  推測できるようになります。

    

 ?単語だけで覚えず、文章で覚える方がより記憶が定着する

  よく昔、「単語帳」を作りませんでしたか?

  これって英単語を覚える定番の方法ですが、
  単語だけで覚えても、記憶しにくいんですよね。

  だから文章で覚えるようにすれば、より記憶しやすくなります。

    


◆その他効果的な方法

 ?音声CDやカセットがついた英語の絵本を読む

      


 ?インターネットでニュースを読む

  【CNN】
  http://www.cnn.com/

  【Yomiuri Online】
  http://www.yomiuri.co.jp/dy/
  ここなら日本語も見れるので、意味がつかめなくても安心ですね。
 

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術


今回は、私が外資系に転職する際、実際に勉強した

 ”英語学習方法”

をご紹介します。


1)英語の音声を聞く

 ?まずは、英語に慣れるためには、あなたが興味を
  持てそうな分野の音声を聞きましょう。

  最近は、『ポッドキャスト』や『インターネットラジオ』など
  簡単に英語の音声を手に入れることができます。

  また『DVDで映画』を見るのも良いですよね。
  そうやって、耳を鳴らすのが良いです。


 ?その際、「何を話しているかが分からない!」と
  思うかもしれません。

  それでも良いので、まずは“じっくり”音声を聞くように
  してください。
  聞き流しても、耳に入らないのでダメです!


 ?そうして2?3回聞いたら、DVDの映画などのように
  ”英文スクリプト”が手に入る場合、読んで何を言っているかを
  理解しましょう。


 ?その後、再度英語の音声を聞きます。


 ?もし、意味がつかめなくて気持ち悪い場合は、
  和文を読みましょう。
  ただし英語脳に替えるには、なるべく見ない方が良いです。


 ?慣れてきたら英語音声に続いて自分で音読しましょう。
  うまく発音できなくても良いので、聞こえたとおりに
  音読しましょう。


 ?あと、記憶を高めるために”何か動作をしながら読む”
  という方法もオススメです。
  (例:踊る、歩く、走る。。。。。)


ぜひ試してください!

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2014 低学歴でも転職で外資コンサルになれた7つの勉強法, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。